2010年04月20日

生ゴミからエタノール、国内初の実用化成功(読売新聞)

 新日鉄エンジニアリングは19日、国内で初めて生ゴミなどの食品廃棄物からバイオエタノールを製造するプラントの実用化に成功したと発表した。

 全国の自治体などに販売する方針だ。

 プラントは、1日当たり約10トンの食品廃棄物から、約500リットルのエタノールの製造できる。販売するプラントの食品廃棄物の処理能力は1日当たり60トン程度で、販売先は主に人口が30〜40万人の都市を想定していて、プラントの価格は10億〜20億円。

 このプラントを使えば、食品廃棄物の焼却処理が不要になる。回収したエタノールを自動車の燃料などに再利用すれば、従来のゴミ処理施設よりも二酸化炭素(CO2)排出量を30〜40%削減できるという。

名古屋市議会 恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)
貧困ビジネス封じ込め、大阪市が申請者囲い込み(読売新聞)
仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」(産経新聞)
一足早く通り抜け 大阪・造幣局で特別観桜会(産経新聞)
<社民党>民主党の強行採決に異論 幹部会で慎重審議求める(毎日新聞)
posted by オオルイ カズヒコ at 06:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。